お客様目線+専門家目線でIT活用をサポートする【株式会社フュージョン】

TOP >メンバー紹介

メンバー紹介

    

メンバー同士の他己紹介です。「お客様目線+専門家目線」のフュージョンのメンバー達を、より身近に感じて頂ければ、幸いです。

広兼 修

OSAMU HIROKANE

一言で表すと、ITアスリート

長く一緒に居て感じるのは、仕事に対して非常にストイックであること。

サービス業において「お客様目線」とか「お客様の立場になって」と言われますが、さらにその先を考えているのだなと思うことが良くあります。
この感覚はプレーを通じて観客に喜びや感動を提供するために、見えないところで直向にトレーニングを重ねる、超一流のプロスポーツ選手に通じるかなと思います。
仕事を通じてお客様と共感し、喜びや感動を分かち合うために、最善を尽くす姿はITにおけるアスリートだと思います。


見た目はアスリートと呼ぶには、ちょっと遠いですけど。(元アスリートらしいです)

本部 政利

MASATOSHI HOMBU

一言で表すと、ITサムライ

「進む」また「進める」ため、プロジェクトでは避けることのできない障害や問題を次々と”斬る!!”(トム・クルーズではありません)幅広い範囲の支援が求められている環境で、PMOとしてお客様の業務が滞ることのないようにする、プロジェクト運営の『要』であり、 お客様のみならず開発ベンダー各社からの信頼が厚いのは経験値の高さや豊富な知識からくるものだと感じます。(決して本人言うところの「じじ●」(●は自主規制)だからではありません)


本部さんがいるだけで殺伐としたプロジェクトルームが和む、斬りつつも、心温かきサムライです。

玉置 英隆
HIDETAKA TAMAKI
一言で表すと、妖怪人たらし

フュージョンのMr.Iこと玉置さんは、その類稀なるコミュニケーション能力と順応性の高さで、どこのお客様先でも愛されるCIOfficeの要です。
お客様先では、時にメンバーの性格までの理解した繊細さで調整役に貢献し、時に幅広い知識からくる第三者視点での意見でプロジェクトの推進からオフィスの引っ越しまで幅広く活躍しています。
キャッチコピーは「決済以外なんでもやります!お困りごとのある方は是非ご用命を!」

 

なんでも出てくる便利な鞄を携えて皆様のもとにお伺いいたします。

後藤 美香
MIKA GOTO
一言で表すと、職場改善マイスター

常に一緒に働いている人達のことを考え、職場に笑顔をもたらせてくれる存在。
お客様の職場でもすぐに馴染むため、お客様のサポート終了後も、飲み会に誘われることが多く、また身の上相談に乗っていることもあり。仕事ではIT活用への思いが強く、「~すればもっとお客様の業務良くなるのに!」が口癖。ただし時々その思いが強すぎて、当社社長の話を遮ってしゃべり続けることもあり(その通りです、すみません(笑):本人談)

経歴&保有資格: アルコール中学(略してアル中)卒業、味噌ソムリエ

多田 亜矢子
AYAKO TADA
一言で表すと、ITトレーニングのスペシャリスト!

どうすれば、もっとわかってもらえるか、利用してもらえるか、システムの運用(活用)ガイド作成やトレーニングは、顧客企業の文化、特性、および、常に現場目線を考慮した物となっており多くの企業での業務システム活用に貢献している。また、業務システム周辺業務への造詣も深く、業務システムを活用するための各種提案も怠らない。見た目は、デカくて怖そうであるが(殴らないで!)
女性ならではのきめ細かな配慮が出来、お客様からの信頼が厚い。


大のビール好きで、ビールのためなら労をいとわない。出張後の新幹線では常にロング缶とおつまみが必須アイテム。

森尻 瑞恵
MIZUE MORIJIRI
一言でいうと、スーパーIT活用名人

フュージョンメンバー1の若手(フュージョンというところがポイント)。

ももちゃんと呼ばれる。「ももちゃん、こんなことできるかなぁ」というお客様の声にもサクッとツールを作ってくれる。某お客様先で作成したツールがシステムにビルトインされたことあり。託された仕事は、どこまでも追求し遂行するプロフェッショナル。"営業天使"らしい(営業時間中は天使って意味だそうです)とにかくどこのお客様先でも、ちょっとやそっとじゃ手離してくれない人気者。
愛妻弁当ならぬ、愛夫弁当を持ってきて、おいしく食べているのもちょっと羨ましいかな。

 

IT以外の得意技:ツール同様、さくっと友人の赤ちゃんのお洋服を作ったり、バッグに刺繍などもお手の物。

山本 琴絵
KOTOE YAMAMOTO
一言で表すと、サポートの匠

新しい職場であろうと、昔から存在していたように、すぐ愛称で呼ばれてしまうキャラクター。
どんな人であろうと、また、ハード系、アプリ系、どんなタイプの質問も、右から左に笑顔でさばき、テキパキと対応する。
機能的にできなくとも、どうすればユーザが希望することに近づけるか、代替案を提案するきめ細やかさ。

 

難を言えば、特に年配男性陣を引き付けすぎてしまい?ご指名多し(笑)。
フュージョンに新たに加わった戦力です。

マンガでわかる
プロジェクトマネジメント
広兼 修 著
プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 PMBOK第5版対応版
広兼 修 著