お客様目線+専門家目線でIT活用をサポートする【株式会社フュージョン】
TOP >事例紹介

事例紹介

フュージョンはこれまで数多くの企業のIT活用を支援して来ました。その内容は、IT活用の企画から運用支援、IT専門家への研修など、さまざま。豊富な事例がございます。

 

CIOffice - IT構想・企画サービス

受注システムの老朽化対応に迫れられている

独自開発システムの老朽化を機にパッケージシステムへの切り替えを行いたい      

企業合併後、社内ユーザーからITに関する不満が続出!!何から対応すれば良いかわからない

顧客サービスを改善・拡充したい

CIOffice - IT構築推進サービス

新業務を支える業務システムを構築したい

海外グループ会社のデータを基幹システムに取込みたい

業務改革と基幹システムの刷新を一緒に進めたい

CIOffice - IT定着化・運用安定化サービス

新システムの利用者教育を自社IT部員で行いたい

IT部門を強化したい

IT部門を作らずIT活用を推進したい

社内のITサポートを改善したい

業務の属人化リスクを低減したい

プロジェクト推進

自社のグローバル経理/財務/人事システム構築プロジェクトを成功させたい

受注した基幹システム導入プロジェクトを成功させたい

官庁から受注したインフラ刷新プロジェクトを成功させたい

頓挫した人事システム構築プロジェクトを再開させたい

IT人材育成

IT部員のプロジェクトマネジメント力を向上したい

自社SEのプロジェクトマネジメント力を向上したい

自社SEのコンサルティング力を向上したい

 

 

CIOffice -IT活用企画サービス

受注システムの老朽化対応に迫れられている

物流業(IT利用者数100~1000人)

導入前の課題

再構築を依頼したITベンダーの見積額では、費用対効果が得られない。

フュージョンの支援内容

受注システム再構築をサービス拡充のチャンスと捉え、発注者であるお客様の顧客のニーズを調査。
受注システム再構築時にサービス拡充につながる機能を追加し、受注量を増加させることを構想・企画。

導入の効果

営業部門と共同で、投資対効果が得られることを経営者に訴求したことにより、再構築の承認を獲得。
再構築後、営業担当者が顧客に新システムの利用メリットを訴求したことにより、想定以上の受注増加を実現。


独自開発システムの老朽化を機にパッケージシステムへの切り替えを行いたい

小売業(IT利用者数100人未満)

導入前の課題

システムやITベンダーの選定、パッケージシステム導入に伴う業務改革の推進をできる人材が社内にいない。

フュージョンの支援内容

現場および管理の両面から、業務システムへの要件を調査・整理。
お客様に最適かつ、業務改革の効果を最大限に引き出せる業務システムとITベンダーの選定を支援。

導入の効果

選定されたITベンダーが業務改革を意識し業務システム導入を推進したことにより、当初期待通りの業務改善効果を獲得。


企業合併後、社内ユーザーからITに関する不満が続出したが、
何から対応すれば良いかわからない

物流業(IT利用者数100~1000人)

導入前の課題

新会社全体のIT状況が把握できていない。

フュージョンの支援内容

PCを含むIT機器の棚卸しと利用状況調査、IT関連費用調査・分析、業務およびITに関して社内各部門にインタビューを実施。
経営者が理解しやすい調査報告を行うとともに、今後取り組むべきIT整備計画を作成。

導入の効果

IT整備計画を社内ユーザーにも共有し対応を進めたことにより、不満は収まり、IT整備に向けた社内協力体制が確立。


顧客サービスを改善・拡充したい

人材サービス業(IT利用者数100人未満)

導入前の課題

顧客サービスの一つである検査処理の業務負荷が大きい。

フュージョンの支援内容

利用していた検査処理システムの、機能および構造に問題があることを突き止め、再構築を提案。 また大口顧客向けに外販用システムを構築・提供し、顧客が自社で検査処理することを構想・企画。

導入の効果

社内用および外販用の検査処理システムを構築したことにより、以下を実現。
1) 社内業務負荷を軽減。

2) 検査処理システムを導入した大口顧客で検査実施回数の大幅増。

3) 検査実施回数の増加に伴い、結果分析サービスのニーズ増大。


CIOffice - IT構築推進サービス

新業務を支える業務システムを構築したい

商社(IT利用者数 1000人以上)

導入前の課題

新業務のため、業務手順等が確定しておらず、またIT担当者が不在のためシステム構築の要件をITベンダーに伝えられない。

フュージョンの支援内容

新業務の組立てを支援しつつ、お客様立場でシステム構築の要件を整理。
ITベンダーとの通訳的な役割を担い、業務システムの構築・改善を推進。

導入の効果

改善しやすいよう要件を整理したことにより、業務の成熟にあわせたシステム改善が可能。

海外グループ会社のデータを基幹システムに取込みたい

物流業(IT利用者数 100~1000人)

導入前の課題

海外グループ会社で利用しているシステムや業務ルールに問題がある。

フュージョンの支援内容

海外グループ会社のシステム刷新を含めたプロジェクトを計画。
お客様の海外グループ会社、海外ITベンダー、国内ITベンダーと協力し、プロジェクトを推進。

導入の効果

海外グループ会社のシステム刷新と業務ルール整備を行い、データ連携することにより、以下を実現。
1) お客様の業務効率向上
2) 海外グループ会社の業務改善

業務改革と基幹システムの刷新を一緒に進めたい

物流業(IT利用者数 100~1000人)

導入前の課題

合併に伴い業務の標準化と社内に複数存在する基幹システムの統合が急務である。

フュージョンの支援内容

基幹システム再構築プロジェクトでのITベンダー管理だけでなく、業務改革プロジェクトを立上げ、業務標準化や業務ルール作成を推進。

導入の効果

標準化しルールが整備された業務を支える基幹システム構築により、以下を
実現。
1) 業務の品質・効率の大幅改善
2) 内部統制の推進
3) 機能要件の整理・統合によるシステム構築費用の低減


CIOffice - IT定着化・運用安定化サービス

新システムの利用者教育を自社IT部員で行いたい

製造業(IT利用者数 1000人以上)

導入前の課題

自社IT部員には、効果的な利用者教育を指導できる人材がいない

フュージョンの支援内容

利用者教育を担当するIT部員に、以下を指導。
-利用される業務マニュアルの作成方法
-利用者教育での説明方法や注意点
-効果的な利用者教育の開催方法
利用者教育では、オブザーバとして参加し、IT部員をサポート。

導入の効果

IT部員が自信を持ち全国で利用者教育を行ったことにより、以下を実現。
1) 新システムの早期定着化
2) IT部員と利用者との関係強化

IT部門を強化したい

物流業(IT利用者数 100~1000人)

導入前の課題

IT部門ではの企画・構築に力を入れたいが日々の運用業務に時間を取られてしまい手が回らない。

フュージョンの支援内容

IT運用業務のアウトソース化を企画・検討し、ユーザー企業様の立場で社内調整やアウトソーサーの選定等を推進。

導入の効果

社内のITに関わる対応窓口の一元化したことによるユーザ利便性の向上が図られた。

IT部門を作らずIT活用を推進したい

物流業(IT利用者数 100人未満)

導入前の課題

お客様内にIT専門家がいない。

フュージョンの支援内容

お客様の業務および社内のITリテラシー等を考慮し、お客様社内で担える役割・作業を定義。
各部門から選抜した人材でIT委員会を設置し、社内で行うべき役割・作業を説明・指導。
技術サポートなど社内では担えない役割・作業は、近隣のITベンダーに支援してもらえるよう体制を構築。

導入の効果

定期的にIT委員会を開催し、情報共有や検討、対応を進めたことにより、既存システム安定稼働を実現。
システム障害発生時は、ITベンダーのサポートにより、速やかな復旧を実現。


社内のITサポートを改善したい

専門サービス業(IT利用者数 100人未満)

導入前の課題

IT部員は多くの残業を行い余裕がない。

フュージョンの支援内容

お客様の業務および社内のITリテラシー等を考慮し、お客様内のIT部員が担うべき役割・作業案を作成。
お客様のITサポート部員の行動を分析し、不足する役割、改善すべき作業を特定。 改善に向けた指導や役割の一時的な補完を実施。

導入の効果

以下が明確化。
1) ITサポートの問題点
2) IT部員が改善・学習すべき事項
3) 補完すべき役割および要員

業務の属人化リスクを低減したい

商社(IT利用者数 1000人以上)

導入前の課題

一人の従業員しか理解していない業務及び業務システムがある。

フュージョンの支援内容

業務担当者やシステムを構築したITベンダーにヒアリングを行い、業務内容の棚卸とシステム機能の整理を実施。
システム操作方法を含めた、一連の業務マニュアルを作成し、それに沿った業務実施を一定期間代行。

導入の効果

他従業員に業務マニュアルに沿ったOJTを実施し、支障なく業務ができることを確認。

プロジェクト推進

自社のグローバル経理/財務/人事システム構築プロジェクトを成功させたい

監査法人(IT利用者数 1000人以上)

導入前の課題

当社お客様であるユーザー企業内に、当該規模の複数プロジェクトをマネジメントできる人材がいない。

フュージョンの支援内容

当社お客様であるユーザー企業のPM補佐としてプロジェクトに参画。
グローバル・チームとの各種調整を行いプロジェクト計画を作成、IT部門要員の採用/ベンダー選定を行った後、プロジェクトを推進しプロジェクトを完遂。

導入の効果

プロジェクトは成功し、ユーザー企業はプロジェクトの目的を実現。

受注した基幹システム導入プロジェクトを成功させたい

SI企業(IT利用者数 100~1000人)

導入前の課題

当社お客様であるSI企業内に、当該規模のプロジェクトをマネジメントをできる人材がいないためユーザー企業からクレームが上がっている。

フュージョンの支援内容

SI企業側のPMとしてプロジェクトに参画。
ユーザとのコミュニケーションを密にし、ゴールの共有を実施。
技術的な不具合等が発生する中、適切な対応を行い、プロジェクトを完遂。

導入の効果

真摯な対応によりユーザー企業様から高い信頼を獲得。
当社お客様であるSI企業は、ユーザー企業様からサポート契約を受注。


官庁から受注したインフラ刷新プロジェクトを成功させたい

SI企業(IT利用者数 1000人以上)

導入前の課題

当社お客様であるSI企業内に、当該規模のマルチベンダー管理や、ユーザー企業のプロジェクトマネジメントをできる人材がいない。

フュージョンの支援内容

SI企業側のPMOとしてプロジェクトに参画。
大手SIベンダー間の調整や、ユーザー企業である官庁との交渉・調整を担い、プロジェクトを完遂。

導入の効果

当社お客様であるSI企業は、ユーザー企業様から高い信頼を獲得。

頓挫した人事システム構築プロジェクトを再開させたい

SI企業(IT利用者数 1000人以上)

導入前の課題

当社お客様であるSI企業内に頓挫したプロジェクトを再開させるための人材がいない。

フュージョンの支援内容

SI企業側のPMOとしてプロジェクトに参画。
ユーザーおよびSI企業とプロジェクト再開のための各種調整を行いプロジェクト再開のためのプロジェクト計画を策定後、プロジェクトを推進し完遂。

導入の効果

プロジェクトは成功し、SI企業はユーザー企業からの信頼を回復。

IT人材育成

IT部員のプロジェクトマネジメント力を向上したい

製造業(IT利用者数 1000人以上)

導入前の課題

対象者となるユーザー企業のIT部員は、システム刷新プロジェクトに参画しており、外部研修に参加する時間が取れない。

フュージョンの支援内容

お客様が推進するシステム刷新プロジェクトの状況やIT部員の経験・能力を把握。プロジェクト推進する上で、必要度の高い事項を中心としたプロジェクトマネジメントの勉強会を企画。1回1~2時間とし、定期的に、プロジェクトルームの会議室にて、勉強会を開催。

導入の効果

学習したプロジェクトマネジメントの知識・スキルを、プロジェクトで実践することにより、理解度向上。

自社SEのプロジェクトマネジメント力を向上したい

SI企業(IT利用者数 100人未満)

導入前の課題

体系的にプロジェクトマネジメントを指導できる人材がいない。

フュージョンの支援内容

SI企業向けのプロジェクトマネジメント研修を企画・開催。

導入の効果

SEのプロジェクトマネジメントの基礎力向上に貢献。

自社SEのコンサルティング力を向上したい

SI企業(IT利用者数 1000人以上)

導入前の課題

多くのSEが、IT導入プロジェクトでユーザー企業が何を重視するかを理解していない。

フュージョンの支援内容

コンサルタントとしての経験およびユーザー企業のIT責任者としての経験をもとにした、コンサルティング力向上研修を企画・開催。

導入の効果

SEのコンサルティング能力向上に貢献。

マンガでわかる
プロジェクトマネジメント
広兼 修 著
プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 PMBOK第5版対応版
広兼 修 著